パタリ

  • 2018/11/09 13:13

 仕事でこんなに多忙なの初めてで、ヒイヒイ言いながら

日々やりすごしているんですが、もうどうしましょうね。

 

2018年が終わる・・・っ!

  • 2018/11/02 13:13

20181102.jpg

あと2ヶ月ありますが。

こんな調子で原稿も終わればいいのに。

(別の意味で終わりそうではありますが。)

 

デッドストックのフランスの壁紙で作られたブックカバー、

白紙のノートがセットされているし、これを壁紙にするのは

ハデ過ぎて遠慮したいんですがブックカバーだと適度にきらびやかで、

デザイン違いでもう1つ・・・とよぎらんでもないです。

 

あと、本屋さんでリルケの「神様のお話」を見かけたら

どうしてもInselの原書を手元に置いておきたくなって。

初版は1913年、注文して届いたのは1955年のものでした。

額縁の中の少女

  • 2018/10/26 13:13

20181026.jpg

レンブラントの。

いつぞやの展覧会の絵を思い出したら

行き詰まりだったプロットが転がり出しました。

 

問題は、本日時点でほぼ入稿状態の予定だったってこと。

リスケして、コピー本ですね。

今週も

  • 2018/10/19 13:13

20181019.jpg

落書きで濁します。

 

 

ひさしぶりに

  • 2018/10/12 13:13

20181012.jpg

ルールタビーユ

  • 2018/10/05 13:13

 ガストン・ルルーの「黄色い部屋の謎」を読み始めました。

 

ルルーはキャラクター造形がとても巧いですね。

探偵役のルールタビーユ君は、

 ・感じのよい顔の好青年

 ・いつも極めて陽気で、四十雀のようにはしゃいだりする。

 

その一方で

 ・ひとり深い憂愁に沈んでいる姿をふと見せる

 

 

 言わずもがな、ルルーは「オペラ座の怪人」で有名ですが、

ファントムは今なお世界中で愛されるキャラクターですね。

  • 2018/09/28 13:13

○竹尾のサイトを眺めているとわくわくが止まりませんが、

 うっかり実店舗に行こうものならお財布が開きっぱなしになるので

 今のところは我慢できています……ん。

 「かたいぶんこ」という、文庫本を上製本のようにできるブックカバーの

 現物が見たくて、取り扱い店に行ったら、なぜかDresscoのノートを買っていました。

  なぜだろう……

  

 ウンベルト・エーコの「ヌメロ・ゼロ」が面白すぎてとりつかれているので今日はこのへんで。

 

聲の形

  • 2018/09/21 13:13

 先日、NHKで京アニ制作の映画が放送されたのをきっかけに

こないだの3連休からずっとこの作品のことを考えています。

コミックスはまあKindleでいいか、と思いきや、

どこも在庫切れの1巻を本屋さんで取り寄せている今……。

 

 まだまだ咀嚼が足りてないんですが、映画で1点挙げるとすれば、

西宮の手話に字幕や話し相手の解説が付かないのがいいですね。

何を話しているの? 西宮は何を考えているの? って知りたくなって、

「あ、この態度は視聴者と登場人物とのつながりだけでなくて、

登場人物同士のことでもある」とふと思い当たりました。

 

 この作品はマンガもアニメも、たくさんの視点から解釈していく必要があって、

それがとても楽しいです。

 

 コミックスが話題になっていた頃から何故だか意識的に

避けていた作品でしたが、出会えてよかった。

○買ったもの

  • 2018/09/14 13:13

○ブラウン神父の名推理ベスト5

 見えない男、青い十字架、犬のお告げ、古書の呪い、ムーン・クレセントの奇跡

 原文(英語)にルビで所々に訳がついているやつ。

 チェスタトンの英語って難しい難しいと訳者が口を揃えるように言うもので、

 原書にあたる前の準備運動として手に取ってみました。

 

○探偵小説の世紀(上)

 チェスタトン選書・編纂の短編小説集。

 長らく重版未定品切れで、きれいな状態のものを入手するのは今後いっそう難しく

 なりそうだったので。問題は(下)ですよ……。「エラリー・クイーンの冒険」のときも

 そうだったけれど、下巻(2巻目)のほうが数少なくて難しいんですよね。

 

○Tausend Wirre Worte

 2012年に解散してしまったバンド、Wir sind Heldenのベスト盤。

 PVも収録されているので、保存しておきたくて。

 

○草迷宮・草空間

 内田善美さんのマンガ。5冊目の所有。

 内田先生の作品は、空間や時間のなかに凜とした寂寥をふくんでいる。

 その思索のなかに読者はともに誘われ、そして魅了される。

 

 

 どれも「保存」という方向に動いているのは、世相のせいかもしれませんね。

コミティア126

  • 2018/09/07 13:13

20180907.jpg

申し込みました。

11月25日ですが、うかうかしていると アッ! という間に

10月下旬くらいにはなっていそうなので、ぼちぼち新刊の構想を練ります。